学年末に向かってまっしぐら!

朝から爽やかに晴れ上がっているベルリン

予想最高気温22度ということで、絶好の洗濯日和!大物洗いのため、朝から既に洗濯機2回稼働

衣替えもしなきゃいけないし、久しぶりのオフ日も家事に追われて終わりそうな予感

ところで、日本では4月に新学年などが始まって、それぞれの新しい生活に慣れてくる頃だろうか?

反対にドイツではこの時期、2016年年度末の色が濃くなってきている。

ブンデスリーガも昨日で全試合終了したし、アンペルメンヒェンのサッカーチームも、この週末は今シーズン最後のホームゲームだった。

学校でも学年末&夏休みに向け、イベントが多くなってきいて、アンペルメンヒェンも今日はお芝居を観に行くとかで、小さなリュックサックで登校。

そういや、先週も課外授業で電車に乗って出かけていったっけ。

今週水曜からは三連休、来週は運動会なんかがあって、再来週はまるまる1週間休み

それが終わると、いよいよ7月の夏休み(&成績表)を待つのみ!

人が寄れば、自然と話題は「休暇はどこで過ごすか」ということになる時期でもあーる

(ドイツ人にとっては何よりも重要なUrlaub:休暇だからね)

ところ変わると季節感が変わってくるわ。

まあ、時の流れが年々早くなっていっていることには変わりはないのだけど(老化現象か

最後のホームゲームもよく頑張りました
DSC08162 blog



ご訪問ありがとうございます!クリックして頂けたら嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

テーマ : 海外の子育て
ジャンル : 海外情報

婦人科健診に行ってきた

長らく寒い春(?)が続き、先週までダウンコートを着ていたのだが、ようやくここのところ初夏らしい陽気となっているベルリン

一週間でダウンコートから、Tシャツ短パン陽気に早変わり~

晴天続きで、今日の最高気温28度、明日は29度というから、大物から冬物まで洗濯機フル回転。

からっと晴れ上がった日々は大好きだったカリフォルニアを思い出させてくれる。

こんな気候が年中続いていれば、ベルリン生活もかなり楽なんだけどなあ。

さて、先日、ドイツで初めて婦人科健診を受けてきた。

毎年日本で健診は受けてきたのだが、我が家が入っている保険(というか、ドイツの保険は一般的にそうだと思うが)は予防に注力しているため、健診していないと、本当に病気になった時に、保険料が降りなかったりする可能性があることがわかったため。

で、肝心の医者選びだが、ベルリン在住の日本人女性たちから情報を得て、それらを医者選びサイトでチェック。

最終的に、自宅から近く、評判がよくて、オンラインブッキングができる婦人科を選んだ。

このサイトによると唯一の欠点は「待ち時間が長い」ことだったが、実際に行ってみると、朝早い予約時間だったからか、他に誰もおらず、ほどなく看護師の問診と医師の診察へ。

いつも思うけど、こっちの医者は広い部屋で診てくれ、完全にプライバシーが守られているのがいい。

当地の婦人科では、乳がん検診も含めた婦人科全般をみてくれるので全てお願いしたが、触診、内診ともに、とりあえずは異常なしとのことでほっとした

日本では40歳以上だと、無料か低料金でマンモグラフィが受けられたと記憶しているが、ドイツでは50歳以上。その点を先生に聞いてみると「欧州の他の国では日本のようにもっと早い年齢での無料受診が可能なんだけど、残念ながら、ドイツでは50歳なのよ。本当は私も年齢を引き下げればいいと思うのだけど、こればかりは政治とお金がからんでくることだからね」とのこと。

ちなみに、その病院では52ユーロでマンモグラフィを行っているとのことだったので、これも受診しようと思っている。

ドイツでは日本のように、何かあっても、すぐに先生に診てもらうことができないので、自分でも意識して予防に力を入れないとね(40も半ばとなり、方々でガタを実感しはじめている

当地では、何事も自ら動いて情報収集したり、アクションを起こさないと、結局大変な思いをするのは自分ってことになるのだ。(まあ、だから生活しているだけで、疲れちゃうんだけど)


急に暖かくなったからか、今年も百合が大きな花をつけました
Lily.jpg



ご訪問ありがとうございます!クリックして頂けたら嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ


テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

なんでドイツ語と日本語の両方勉強しなくちゃいけないの?

今日も朝からすっきり晴れて、最高気温21度と春日和

久しぶりにダウンジャケットからフリースに変えての外出で、身も心も軽くなった気分

さて、マラソン大会については前回記したが、疲れ切って帰宅したものの、晩御飯後はすっかり復活したアンペルメンヒェン。

補習校の宿題&漢字検定の勉強にも、きちんと取り組んだ

3年生になり、学習する漢字は小学校6年間の中で最多の200!

毎週行われる漢字テストのため、文字通り、半泣きで練習している。

日本の子どもたちが1週間で学ぶ内容を、たった週1回で学習しなければならないので、宿題の量も半端ないのだ。

さらに、6月まではこれに漢字検定対策も加わり、とにかく全部の宿題を終わらせるだけでも大変!!

しかし、アンペルメンヒェンは、合格したい一心(=負けず嫌いともいう)で8時半までよく頑張った!(エライ!)

いつもは8時過ぎには就寝なので「これで、ようやく寝れるね」と言っていたのも束の間、「そういえば、明日は1時間目にドイツ語のテストがあるけど、僕、よくわからないんだよ・・・」と不安げな顔

しかも、パパは所用で夕飯後、外出していったばかり。

「なんで、そんな大事なこと、パパがいる間に言わないのよー!」

さらに悪いことに、彼の通う小学校では、教材は常に全て学校におきっぱなし。ランドセルの中は、毎日、お弁当と筆記用具のみなのだ。(重いランドセルを毎日背負うことによる健康被害を考えてのことと、子どもなんだから、放課後以降はリラックスした方がよい、という方針らしい)

とりあえず、テストには「ウームラウトを含んだ単語の変化形が出る」ということは本人も覚えていたので、速攻でインターネットで検索。それらしき問題プリントのサイトを見つけて、やらせておいた(完全なる付け焼刃だわ

いやー、本当に忙しい一日だったね

と、ようやく9時半ごろにベッドに入ったアンペルメンヒェンが放った一言:

「なんでオレはドイツ語と日本語の両方勉強しなくちゃいけないんだよ?」

キター!!!!多言語教育を受けている子どもが一度は口にするといわれている文句

しかも嬉しいことに続けて「日本語だけでいいじゃねーか!」

(渡独して6年以上たつけど、日本語が母語なんだ、ということが再確認できた一言だった)


これはアンペルメンヒェンにとって、大切な問題。

慎重に答えなきゃと思って、私も言葉を選んでゆっくり返答。

「そうだよね、3年生になって、ドイツ語も日本語もどんどん難しくなってきて、宿題もテストも増えて、大変だよね。でもさ、パパはドイツ語だし、ママは日本語じゃん。だから、やっぱり両方使えた方が、いいと思わない?

それにさ、ドイツ語が使えると、あと15年くらいたって、お仕事探す時に、ドイツ、スイス、オーストリアの3か国でチャンスがあるんだよ。それプラス日本でしょ。しかも、君の場合、英語もできるから、チャンスは世界中に広がるんだよ。これってすごいことだと思わない?」

一瞬、間があって「そっか、俺ってスイスやオーストリアでも仕事できるんだ!」と弾んだ声でかえってきたものの、次の一言。

「ま、オレの場合、サッカー選手が夢だからな。やっぱり、ドイツか日本だな」(しかもなぜかドヤ顔


そ、そっか。。。それならなおさら、ドイツ語と日本語がんばらなきゃね


言葉はコミュニケーションを図る上での大切なツール。ましてや、欧州では数か国語話せる人なんて巨万といる。

職業柄、技術や教育に関する当地での会合に顔をだす機会が多いが、アンペルメンヒェンが成長する頃には、今ある多くの職業はなくなってしまう、というのが大方の見解。

そんな時代に、いかに生き残っていけるスキルを身に着けるか。親としても、出来る限りのことはしてあげたい、と日々奮闘しているのであります。




ご訪問ありがとうございます!クリックして頂けたら嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

テーマ : 海外の子育て
ジャンル : 海外情報

祝!マラソン大会学年優勝!

昨日までは寒くて、朝晩は0度近くまで気温が下がっていたけど、今日は朝から晴れ上がり最高気温も19度の予想

本当にこのまま暖かくなってほしいな~!(もうダウンコートは仕舞いたい・・・)

昨日は小学校で毎年恒例のチャリティマラソン大会。

私は仕事で見に行くことはできなかったが、アンペルメンヒェンは入学以来3年連続で学年優勝!

おめでとう!!!

しかも、あと5m早く走れていたら、6年生を差し置いて学校優勝だったそうな。惜しい!!

マラソン大会の前には、水泳の授業があったので「今日はバイアスロンだね~」なんて朝食時に話していたのだが、よく頑張ったね

さすがに帰宅後は疲れ切っており、「お風呂にゆっくりつかりたい」と言って、玄関から風呂場へ直行(いつもはシャワーのみ)。

その後、なんだか静かだと思ったら、ベッドに入ってウトウトしてる我が息子・・・

そこへちょうどパパが帰ってきたので起きて、晩御飯を食べたから、こっちも一安心したけど、今日はキーボードレッスンの後、サッカートレーニングとまたまた忙しいので、あのまま疲れ切って食べないで寝てしまったら、身体がもたないからね

お疲れ様でした!そして、今日も頑張れ~!



ご訪問ありがとうございます!クリックして頂けたら嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ



テーマ : 海外の子育て
ジャンル : 海外情報

ショック!「銀歯ごと歯がぽろっと取れてしまったにも関わらず、治療は2か月後」の巻

どんより曇り空が広がって肌寒いベルリン

いつになったらダウンコートが仕舞えるのだろうか?

さて、先月、銀歯がとれて緊急で歯医者に行った時に「親不知が成長しているのか、歯茎を突き破って出て来ようとしているらしく、痛みを感じる」と訴えたワタクシ。そこで、歯科医は「今日は緊急対応だから時間がないので、少し様子をみて、1か月後にレントゲンをとり、その結果をみて処置を考えましょう」と言っていた。

1か月たって、親不知の痛みはなくなったのだが、ここ数日、また同じ銀歯が取れてはいないものの、グラグラして、歯茎も腫れて痛みを感じるようになってきた。

この銀歯のかぶせものは過去1年間で3回ほどとれていたので、不思議には思っていたのだが、最初の2回目までは歯科医は歯をチェックして「大丈夫ですよ。また銀歯を元にくっつけておきますね」と言って、特に何の治療もしてこなかった。

ただ、3回目にとれてしまった先月は、さすがに高頻度で取れてしまうのを不審に思ったのか「今度、取れてしまったら、レントゲンをとって歯のチェックをしましょう」と言ってくれた。

で、今日、親不知のレントゲン撮影のため、アポ通りに歯科医に赴いたところ、細い鍵針のようなもので銀歯をカリカリした瞬間に「ああ、そういうことか」と先生はおっしゃる。

「なんだ?どういうことよ?!」と内心焦っていると(口を開けられたままなので話せない)、「この歯の本格的な治療が必要です。」と、銀歯を見せてくれた。

そう、なんと銀歯の中の歯が虫歯になっていて、先生がカリカリした時、銀歯と一緒にぽろっと取れてしまったのだ!!

なんだか変なにおいがしていたので、恐らく腐食していたのだろう。

痛みを感じないで虫歯が進行していて、いとも簡単に歯が取れてしまったことに、大変ショックを受けたのだが、なんでも神経を取っているので、何も感じないのは当然のことらしい。

歯茎の腫れと痛みについては「銀歯の中で細菌が広がって炎症を起こしていたことに帰するが、歯が取れてしまったので、すぐに収まるでしょう」との説明を受けた。さらに「ただ、歯根はまだ残っているので、歯根治療と「差し歯」にする治療を、今後3回にわたって行います」とのこと。

こっちとしては、歯が取れてしまった部分はフラットになっているので、一日も早く「差し歯」治療をしてほしい!と思ったが、先生は「6月は休暇を取るのでここはお休みになるから、7月に3回の予約を今日入れておきましょう」とさわやかな笑顔でおっしゃる。

「えー!じゃあ、5月はダメなんですか?」と粘ってみると、先生は「もう5月の予約は一杯でねえ。今日は予定どおりレントゲンだけとって、あとは7月にまとめて治療しましょう。歯が取れてしまった部分には、蓋をしておくから大丈夫ですよ~」と言って、その蓋の処置を始めた。

この歯医者には定期的に健診とクリーニングに通っているし、1年以内に何度も銀歯が取れた時点でなんで治療してくれなかったんだろ?とモヤモヤした気分で、処置を受けたが、少なくとも先生の休暇前、しかも元々アポを取っていた時に銀歯が取れ、応急処置をしてもらうことができたので、良かったことにしよう。

帰宅後、ウェブで調べてみると「神経を抜いた歯はそんなに長くはもたない」って多くの歯医者が言っているし、若い時に治療をした詰め物や銀歯が、そろそろ寿命を迎えてきているんだろうな、となんだか納得。(この歯も短く見積もっても、銀歯をかぶせてから12年は経過している)

加齢と共に、まず歯と目にガタがくる、とドイツ在住の日本人先輩方は口を揃えておっしゃっているが、ついに私もその仲間入り、ということか?(いやぁ~!←心の叫び

それにしても、あと2か月、食生活も限られてきそうだし(柔らかいものしか食べられない)、コストに関する不安もあるけど(少なくとも、追加歯科保険に入っておいて良かった!)、ここは日本じゃなくて、ドイツだからね。

仕方がない。(←ドイツ生活も6年を超えて、悟りの境地に達している

今晩はうどんでも作ろうかな。



ご訪問ありがとうございます!クリックして頂けたら嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ


テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

ベルリンの桜並木

メーデーのため3連休だった週末はお天気にも恵まれたので、お散歩に出かけてきた。

ピークは過ぎていたけど、近所の八重桜並木はまだ綺麗だった

2桜

「桜の絨毯」が広がっていた路地では、女の子たちが花びらをすくいとって、自ら「桜吹雪」を作って遊んでいた。

そう、ベルリンにも桜並木は結構存在しているのです

4月は雪がふったりしてほんと寒かったけど、5月はこのまま暖かくなって欲しいな~


ご訪問ありがとうございます!クリックして頂けたら嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ



テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

森鴎外博物館(Mori-Ôgai-Gedenkstätte)に行ってきた

今朝は氷点下まで気温が下がったものの、晴れ上がって気持ち良いベルリン

先日、ベルリンMitteにある森鴎外博物館に行ってきた。

その存在は渡独時から知っていたが、オープン時間が平日の10時から14時と短く、つい最近まで整備のため閉館されていたので、なかなかタイミングがあわなかったのだ。

しかし、先月リニューアルオープンしたと耳にしたので、ちょうど有給休暇をとっていたアンペルマンと一緒に足を運んでみた。

館内は写真撮影禁止だったので、こちらこちらで雰囲気をつかんでいただければ。

ほとんどの展示物には日独語の解説がついており(これはドイツでは大変珍しいこと!)、大変わかりやすい。

鴎外とベルリンといえば「舞姫」が有名だが、あの頃は錚々たる日本のエリートたちがベルリンに留学して、西洋の知識を学んでいったんだよね。なんだか感慨深いわ~

ベルリン市内の鴎外ゆかりの場所なども展示されていて、高校生の国語の授業で習った「山椒大夫」や「高瀬舟」のイメージが強かった私も、とたんに親近感を覚えたりして(←ザ・単純

幼少のころから、オランダ語やドイツ語、フランス語などをマスターし、東大医学部に12歳で入学し、19歳で卒業って、どんだけ頭がいいんだ?というほどの天才ぶりが垣間見える。(やっぱり、語学習得は色んな意味で大切ね)

医学のみならず文学博士も取得し、多方面での執筆活動をして、自分が海外で学んだ事を日本の発展に役立てようとしていたその熱意にはただただ頭が下がる。

展示物の中には、自分の子ともたちへ向けた手紙もあったりして、父親としての鴎外の一面が見えたのも興味深かった。

ちなみに、子どもたちの名前は西洋でも通用する名前(類:Louis:ルイ)のようになっていたが、これも当時は画期的だったんだろうな。

鴎外の業績や人間性はもとより、当時の日本とドイツの関係を多面的に知ることができる、とってもおススメの博物館です。



ご訪問ありがとうございます!クリックして頂けたら嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

春はいずこへ?

今週は朝は氷点下まで気温が下がり、吹雪く日があったりと、冬に季節が戻ってしまったベルリン

でも、晴れ間がのぞくと春の陽気になったりして

巷では八重桜が満開
桜

所々に設けられている「チューリップサークル」も満開
花

うさちゃんにも再び遭遇
うさぎ

可愛いずぎる~

早く本格的な春にならないかなあ



ご訪問ありがとうございます!クリックして頂けたら嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

30年来の夢叶う:布袋ライブ in ベルリン

今朝は氷点下まで気温が下がったものの、晴れ上がって気持ち良いベルリン

と思っていたら、軽く吹雪いている昼過ぎ・・・さぶいわ

昨晩は布袋寅泰ライブに行ってきた

ティーンエイジャーの頃、BOOWYの大ファンで、通学中にテープ(←時代を感じる)がすりきれるほど聞きまくっていたものの、ライブチケットは入手困難(あの頃は、インターネットなんかなかったしね・・・)

当時の高校生バンドは、こぞってBOOWYのカバーをしていたので、自校のみならず、近隣の学校の学園祭に押しかけてはBOOWYの曲を皆で歌って、拳を振り上げていたものだわ(遠い目・・・)

バンドの解散を新聞で知った時には、あまりのショックで信じられず、レコード会社に確認の電話を入れたっけ(どんだけー?!)

たった10分でソールドアウトしていた解散コンサートの東京ドーム2日間チケットを入手すべく、電話をかけまくったものの、常にお話中で結局入手叶わず

バンド解散後、ボーカルの氷室京介はソロライブで拝むことができたものの、布袋のライブはタイミングが合わなかったりして、行ったことがなかったのだ。

あれから、30年後、まさかベルリンで布袋のライブに行けるとは、人生何があるか、本当にわからないものだね。

で、昨夜のライブだが、キャパ200人くらいの小さなライブハウスにて行われた。このサイズ感ね、渋谷のラママや新宿ロフトといった、私もむかーしバンド活動をしていた時に利用したライブハウスを思い出させる感じで、とっても懐かしい

そういえば、アメリカ在住時、イングウェイやマイケルシェンカーといった、日本のギタリストたちに「神」と崇められ、それこそ武道館でライブを行うアーティストたちのライブに行ったことがある(しかも、最前列かぶりつき!)が、それもこんな感じのサイズだったなあ。

海外に住んでいると、その土地では無名に近い存在だからか、本国では考えられないような距離で、アーティストのライブを拝むチャンスに恵まれることがあるのだ

昨夜の布袋ライブも、結構、開演ギリギリに到着したものの、半分くらいの入りだったので、前から3列目、本人とも何度も目が合い(恐らく私の目は♡になっていたと思う)、手を伸ばせば届く距離で終始見ることができた。

客層は日本人とそれ以外の人たち半々といったところで、布袋のトークもほとんど英語。内容もさすがにトーク慣れしていて面白かった

ライブ前半は最新作やソロの曲が多かったが、後半はギタリズムやBOOWY時代の曲を演奏してくれて、大盛り上がり!まさか、ベルリンで「New York!」と一緒に歌うことができるとは!30年ぶりにこの曲で拳を振り上げました

それにしても、超テクギターを弾く布袋、かっこよかった~!見た目も、身長190センチ近くあるから、欧米人のバンドメンバーと一緒にステージに立っても、全く遜色がなく、布袋が主役だってことが一目瞭然。

これが普通の小柄なアジア男子だったら、ここまでステージ映えしないだろうし、欧米でやっていくには、やっぱり体格(見た目)は大切。

そういえば、以前ドイツで仕事をしていた大学の後輩(185センチ位の大男)が「この体格のお蔭で、外国でも舐められずに、堂々と商談ができる」といってたっけ。

あとは、布袋のベルリンへの思いが感じられて、この街で生活している者としては、大きいなパワーをもらったよね。

詳細はここのインタビューや、この辺の動画にあるとおり、BOOWY時代に、レコーディングでハンザスタジオ(David Bowieもベルリン在住時に使用していたスタジオ)に来ていたり、BOOWYのビートはベルリンで生まれたものだってことがわかったり、布袋の夢はその「David Bowieの隣でギターを弾くこと」で、その夢は叶い、しかも、自分のバンドのドラマーは元David Bowie Bandのドラマーだったりと、Bowieファンでもある私としては、30年前大好きだったバンドと今住んでいるベルリンがばっちりつながった瞬間だったりして。

この街に関しては、今までポジティブでない事も含めて色々書いてきたけど、「物事は起るべくして起こるのかな」なんてちょっと前向きに思えたり。

それにしても、本当に楽しそうにギターを弾く彼の姿、幸せそうだった~!ギターが大好きなんだな、っていうことが手に取るようにわかったわ。

さもなくば、東京ドームや武道館を満員にした男が、わざわざ困難の多い海外で、小さなライブハウスをタイトに回るツアーなんてしないよね。

好きな事を仕事として続けること、夢を追い続けることの素敵さを改めて教えてくれた、ポジティブパワー全開のライブだった

沢山のパワーをありがとう!
hotei2.jpg



ご訪問ありがとうございます!クリックして頂けたら嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

イースター中は和菓子祭?!

ここのところ冬に戻ったかのような気候で、みぞれまじりの雨が降ったりしてさぶーいベルリン

予報によると、明日の朝はマイナス3度まで冷え込むらしい・・(ブルブル

ホッカイロ、復活させるかな。

さて、イースター休みも今日で終わり。今年は学校の休みも7日間と短かったなあ。

宗教色の薄いベルリンでは、祝日はドイツ一少なく、今年のイースター休みも他州のように2週間まるまるっていうわけではないのですよ、とほほ。

で、お休みの間、アンペル家では、和菓子作りを行ったのでありました。

まずはどら焼きから。
どらやき

無料情報誌にレシピが載っていたので、そのまま作ってみたら、とっても簡単で美味しかった!
(ウェブからのアクセスはこちら

材料もシンプルだし、どら焼きって自宅でもお手軽に作れるのね。

自分で作ると当然、食材はわかっているし、添加物などは当然入れないから安心

お次は、おもち♪

もち米が余っていたので、普通に炊飯器で炊いて、蒸らして、すり棒でぺったんぺったんつくだけの作業を行う。

つき作業はアンペルメンヒェンにお願いしたら、あっという間にこんな感じに!
もち

きなこと、これまた自家製あんこを添えて
もち2

自家製あんこのレシピも上記のどら焼きレシピとともに載っていたのです。

つきたておもちは、市販のおもちより、ずーっと柔らかくて、ずーっと美味しい♪

しかも、作り方は超簡単!(←ここ、重要ポイント

ここは日本みたいに、いつでもなんでも入手できるわけではないけど、その分、時間の流れ方がゆっくりだし、こうして子どもと「安全で美味しいものを作って食す」という時間を共有できるのは、幸せなことだなあ、とイースター中、しみじみ思った次第

しかし、もちはおなかにたまるね(食べ過ぎ注意なのであーる



ご訪問ありがとうございます!クリックして頂けたら嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

アンペルフラウ

Author:アンペルフラウ
ベルリン出身の夫アンペルマンと息子アンペルメンヒェンとドイツの緑多き首都に住んでいます。日米在住の後、ドイツに移住。3つの地域の違いや、日頃の生活、育児のことなど書いていきたいです。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
日本とドイツの時間
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
Visitors
世界中からようこそ
月別アーカイブ
お願い
このブログの本文・写真などのの無断複写・転載はご遠慮下さい。リンクについては、一言お声掛けいただけると嬉しいです。
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ドイツ関連の本
QRコード
QR
RSSリンクの表示
PR
PR